福岡と大阪の風俗方向性について学ぶ
トップ
福岡・北九州・若松
●高塔山
市営パス大橋通りバス停から徒歩40分。標高120b、丘のような山だが、眼下に洞海湾とそれをまたぐ若戸大橋を見下ろす眺望がすばらしい。
北の方には玄界灘も遠望でき、市民の憩いの地である。

●河童封じ地蔵
項上にある地蔵は、火野葦平の小説「石と釘」により有名になった。河童公害に苦しむ人々のため山伏堂
丸総学は、念力をこめて石地蔵の背中に1尺の大釘を打ちこむ。以来、河童は永遠に地中に封じこめられたとか。毎年7
月21日の夜、高塔山には数千の松明が続き「河童まつり」「火まつり」で華やぐ。
優良風俗店満載の福岡風俗店をご紹介。福岡駅近く福岡 風俗 ホテヘル。システム、コンパニオン、デリバリーサービス等の案内。

大阪風俗の方向性について学ぶと面白い。
ある方向を示している風俗業については、それが時代のニーズや流れにマッチしていることが理解できます。
確かに今の大阪風俗も、お客の好みに合わせて柔軟な変化を繰り返していますから、それだけ流行に敏感なのでしょう。
私もここでデリヘルを使い、多くの女の子とよろしく楽しくやりました。
プレイ内容は気分によって違いましたけど、シャワーを浴びて女の子と会話を楽しみ、その後プレイに熱中するのはパターンとして変わりません。

 

●火野葦平詩碑
河童地蔵から一段下った所に、若松に生れ、終生若松を愛し、昭和35年若松で死んだ火野葦平の詩碑が
ある。棺型の若松石に刻まれているのは「泥によごれし背のうに さす一輪の菊の香や」の2行。
彼は昭和12年、「糞尿譚」によって、中国戦線で芥川賞を受賞。毎年命日の1月24日直前の日曜14時、碑前に菊を供え「麦と兵隊」を合唱して心優しかった作家をしのぶ。
●頓田貯水池
若松渡場から市営協田行きパス平石下車、徒歩15分。この貯水池から玄海国定公園の海岸を結ぶ響灘緑地は、広さ240万平方メートル、家族づれのピクニックに最適の所だ。貯水池は市民の飲料水の大半をまかなっていて、大蓮市との友好のシンボルとして作られた六角形の中国建築「大北亭」が異彩を放っている。
●北九州サイクリングターミナル
貯水池の一角にあり、レンタサイクル230台と、8.3キロのサイクリングロード、さらに安く泊まれる宿泊施設を備えている。
●遠見ヶ鼻・妙見灯台 
若松渡場から岩屋行き市営バス保養センター前下車、徒歩5分。付近一帯は、響灘の激浪が砕ける岩礁地帯。遠見ヶ鼻は黒田藩が番所を置いて密貿易や外敵に備えた所だ。番所の下には長さ180b、貝の化石を含む板状砂岩、千畳敷の奇勝がある。近くの妙見灯台から眺める海の色は心にしみる。
福岡風俗コミニティの情報の無断 転載 複写 配布 などを 禁止 します